雨の日の面会




天気予報ではお昼から雨があがるはずなのに

午後中冷たい雨がずっと降っていました。



面会時間まで1時間ほどあるので、きれいなカフェに入りました。

(お昼にふさわしい店が見当たらなかったし、探すのもおっくうだったので。)

店に入るとカフェじゃなくてケーキ屋さんでした。

中に厨房があり、好きなケーキを選んで奥の喫茶コーナーで

食べられるのです。



どのケーキもおいしそうなので目移りするけれど

早く決めなければと思い、こういう場合いつもの定番である

「アップルパイ」とホットコーヒーにしました。



しっとりとした林檎の甘さとほのかな洋酒のかおりがして

パイ生地がサクサクし過ぎず弾力があり、とてもおいしかったです。

気がつけば

あっという間に無くなってしまって

おかわり(; ・`д・´)! と思ったけれど我慢しました。



いくら食べても太らない身体だったらいいのになあ。

空になったお皿とコーヒーカップを見ながら

ふとそう思いました……。




駅からは病院行の無料送迎バスが出ています。

娘と電話では毎日話していますが、顔を見るのは入院してから3日ぶり、

元気そうにみえました。

コロナのためリモート面会でしたが、面会お断りでなくて

本当に良かったです。

娘に頼まれていたものと音楽プレーヤー(兄から)の説明を

顔を見ながら伝えることが出来ました。




患者さんがつくったお花





入院は家と違いたくさんの患者さんとの共同生活の場なので

色々な思いがあると思います。

頑張ってね。

11月末くらいには退院できればいいなあ。




病院の帰りに2ニャンズの家へ行きました。

家に入ってすぐトイレをしていると、ぴいの呼ぶ声が聞こえました。

「はいはい、待っててね。」



声を聞けば、ぴいかあめかすぐ判ります。

2匹は甘え方もこだわりも、便の形状も癖もすべて違うのです

「奥さんにするならどっち?」と子供達とよく話しました。

たしか息子はあめ、娘はぴい でした。 (・∀・) ソノワケハ?

ぴいもあめも、いつも娘が居る日常からかなり変わったけれども

一緒に乗り越えようね。

帰る時には後ろ髪をひかれる思いです。

「明日のデート、楽しみにしてるよ。」








人とペットの線引きが私には実感としてわかりません。

多分頭が悪いのでしょう。

愛情の重さと質、深さは全く同じ気がします。

帰り際、あめの喉のあたりを撫でているとき

あめの緑の両目がうるんでいました。



「お姉ちゃん、元気になって帰ってくるからね。」

「一緒に待っていようね。」




PM6時に息子とお寿司屋さんで待ち合わせしました。

娘の話をしながら晩ご飯です。

音楽プレーヤー喜んでたよ、と報告すると娘以上の笑顔になりました。

その口のなかではアワビが踊っていました。



食事中のマナーはともかく

優しい兄であることは確かです。 (・∀・)






今日の2ニャン





今日のご飯






                               朝顔


頑張りますので、
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村


シニアライフランキング

コメント