天使がふれた猫

つゆ

一匹の黒猫が十五夜お月様の日にうまれました。

名前は未だありません。

5人兄弟で、他の4匹はお母さんにそっくりなきじ猫でした。

その黒猫はお父さん似だったのです。


ある日一人の女の人が黒猫を見て、かわいいっと

思いました。 

「この子と家族になりたいわ。」

話し合いの結果、朝顔という人の猫になりました。



その女の人の娘の家には、黒猫と血縁関係にある女の子の猫が

住んでいます。名前は「あめ」です。

なんでもその子は雨女だからだって。

だから黒猫の名前は「つゆ」になりました。

雨つながりです。

つゆが産まれた日は十五夜なのに雨降りでした。


そして2年経ったいまは…

こんなに大きくしっかりした猫になりましたとさ。



ごはんの好き嫌いするけれど たまにかみついたりもするけれど

あたらしい襖やソファーをぼろぼろにしたけれど

爪切りみせると逃げるけれど けれどけれど

朝顔さんはそんなつゆがだいすきなんだって。

めでたしめでたし

黒猫の体のどこかに白い毛が1部分あると、

そこはエンジェルマークと言って 天使がふれた証だそうです。

なんとつゆはあるのです。


「つゆ お誕生日おめでとう」

                       
                             朝顔

頑張りますので、
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村


シニアライフランキング

コメント