最後の抱擁




12月らしい風が冷たい日になりました。

青空が澄んでいてきれいです。



賞与が10日に出るのでその仕事だけ終わらせて

娘の猫ぴいの葬儀のため地下鉄に乗りました。




息子は病院で診察を済ませてから葬儀に出席する予定です。


葬儀はPM1時からなので

コンビニでお昼ご飯を買って娘のマンションへ行くと

郵便受けの前に息子が立っているのが見えました。

「偶然一緒になったね」



普通に仕事や家事をこなしていますが

ぴいへの思いが突然、急にこみ上げて来るのです。

信号を横断しながら

服を着替えながら、スーパーで野菜を選びながら……。

周りの人は泣きながら歩くおばさんを見て

 (。´・ω・)? と思うでしょう。



でも我慢する暇もない夕立のような雨なのです。





火葬の前に「最後に」と言われ、時間をいただきました。

ぴいの全身を撫でながら

最後なんていやですと言いそうになりました。


ぴいの棺には3人で入れたお花と手紙、思い出の写真。

そして娘の止まらない涙。





娘の家には小さなぴいのお骨が残りました。

魂が抜けたような娘は一匹になったあめとの生活が始まります。

あめは昨日ずっとぴいを舐め続けていました。



「ペットロス」

言葉は知っていましたが、本当の意味を今回知りました。




娘の試練がはやく落着きますように。

ぴいたん、娘のことをどうか見守っていてね。

ぴいたん、ずっとずっと一緒に居たかったよ。



こころは今もこれからも

ずっとぴいたんのそばにあるのです。






今日のご飯



                         朝顔  
                         
                         

頑張りますので、
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村


シニアライフランキング

コメント