59才の娘

雑記




新たな焼肉店を見つけてしまったので

ウォーキングをそっち方面にして新年会を行うこととなりました。

片道20分くらいのお店です。



ユッケは味がいまいち(息子評)な割に値段が高く、でもその他は普通で

我が家の評価は70点となりました。

ネットでの評判が良くて期待していたのでがっかりしました。



息子の頭のなか




肉が好きな息子の頭の中はこんな風になっていて

どの店のこの部位は云々と細やかにインプットされているのです。




私は地理が苦手なのですが

彼は牛さんと同様、頭の中に地図があり情報と共にしまわれていて

親子であっても個性と能力が全然違っていて面白いと思います。





PM2時頃に実家に電話をして母に明日の予定を聞きました。

そして明日のお昼を一緒に食べる事となりました。



こういう場合「前もって時間を伝える派」なのですが

世の中には「わざと伝えない派」もいるのです。




前日に伝える派

。急に訪問して相手を慌てさせないように心使いである。

。相手を安心させるために。

。部屋の掃除や服装など相手に整える余裕を与える。


日時を伝えない派

。相手にいろいろな準備をさせたくない心使いである。

。もし不在なら運が悪かったとして日を改めて

 出直せばいいだけ。




実家も私も急な訪問は自分がされるのが苦手とあって

やはり相手にも少なくとも前日には伝えるタイプです。


身内であっても帰る時間を伝えて「夕食は要りません」の

気配りもします。




私の叔母さん(父の上の妹)はいつも急な訪問でした。

たとえば食後の昼寝の時間とかに「ピンポーン」とチャイムと共に

現れるのです。


でも人により気配りの内容が違うのだと、子供の頃母に聞いて

「なるほど」と思ったことがあります。



電話をかけたとき母に「手ぶらで来て」と言われました。


いつも手土産を持って行ってもそれに見合う何かをいつも渡され

物々交換みたいだと思っていました。



明日は会社で年末年始に飲むおいしい日本酒をと思ったのですが

日本酒は度数が強いと却下されたことだし

何も持たずにお昼頃に行くつもりです。



実家は歩いて5分もかからない距離です。

両親は私の顔を見ると

安心してか言い合いを始めたりします。

娘に聞いてほしい気持ちもあるのでしょう。



でも仲裁は慣れているので大丈夫です。


人間だから夫婦のけんかも勿論するでしょう。

今のところ二人とも食欲があり元気でなによりなのです。



娘に甘えたい母と

娘になるべく迷惑をかけずにいたい父で

また喧嘩になるかも知れません。



どっちの気持ちもわかるし年齢的頑固に両親共になっているし

うまく納めなくてはいけません。




女性は娘として生まれ育って結婚して妻になり

子を産んで母となり姑や祖母になり、

それぞれの役割と仕事をこなしていきます。



会社では「事務員」として自治会では「役員」として

また違う立場の仕事があります。



明日は85才と87才の両親の娘として

「安心してね」と気持ちを伝えてきます。


娘が2人もいるのだから不安に思わず、心穏やかにいてほしいと

思っています。


何かあればすぐ走れる所に住んでいるのだから。






きょうのつゆ (なにみてる?)




今日のお昼ご飯(3日めのカレー)


今日の夜ご飯




                             朝顔




頑張りますので、
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村


シニアライフランキング

コメント

  1. トモ より:

    突然ですがすいませんメールアドレスが間違っていました。

    もし、私に返信等をして頂いていたとするならば本当に申し訳ございませんでしたm(_ _)m

    hanayoridango0106@yahoo.ne.jp

    • 朝顔 より:

      返信は今までずっとしていました。
      でも読んで貰っていないようだと感じていました。
      謝らなくて大丈夫ですよ。(・∀・)!OK