理想の男性像

思い出




職場の男性はみんな優しくて親切でいい人達です。


困った時には相談すると一緒に考えてくれるし

骨折した時にも「何か用事があれば言って」と

事あるごとに声をかけてくれました。



それは私が会社の事務員であって妻ではないからだと知っています。


私の知っている限り夫というものは

自分の妻に対しては優しくなんてないのです。



父や義兄、それから元夫という狭い範囲内ではありますが

男というものを見てきました。 |ω・)ジーッ



義兄についてはその昔、姉にかなり聞かされました。

長所が大きければそれ相当の大きな短所があるものかも知れません。


父は母に対してけんかになると暴言を吐きました。

ギャンブルや酒、女には無縁だし稼ぐし見た目もスマートなのですが

彼はモラハラだと思います。

両親のけんかを横で見ながら娘の私はハラハラしました。



元夫の行動や言葉にもかなり傷つきました。

いくら改心したとしても、もう私の中では終わったひとです。



しかし彼らだって会社や近所の女性にはきっと

さわやかな笑みを投げかけて紳士的に振舞うはずです。


エレべーターも「どうぞ」とボタンを押しながら

先に入れてくれるし

書類をバサッと落としたらすぐに

明るく笑いながら一緒に拾い集めてくれるでしょう。



世話になっている妻(女房)にこそ、そうするべきなのに。

そのことに全く悪気がないのも知っています。

愛情とそれらのことは別なのでしょう。



でも結婚しても老夫婦になっても

妻以外の女性に対するようにずっと素敵なままの男性だったなら

「いいのになあ」( ˘ω˘ )

とため息をつきたくなるのです。





娘が小さい頃セーラームーンの映画を見に行きました。

親子3人で映画館に入りお菓子も食べないで

夢中になって観ました。



途中で不覚にも「ぽろぽろ」と泣いてしまいました。

ピンチになるとタキシード仮面が現れて助けてくれるのです。

まさしくその場面でした。

テレビと違ってすごく感動的でした。



赤いバラ、風にたなびく黒いコート。

娘と一緒で理想の男性だったのです。



でもタキシード仮面だって妻にはあまり優しくないはずと思うのです。

家の中でまでヒーローでは疲れてしまうのでしょうか。



24時間緊張している状態ではいざというときに力は出せません。

社会で活躍するためには家庭ではリラックスモードに

なる必要があるのでしょう。




映画が終わって照明がついて明るくなりました。

斜め前の席によぼよぼのお爺さんが座って観ていました。

ひとりで杖を持って。



泣いたあとですが笑ってしまいました。





今日のご飯




                         朝顔



頑張りますので、
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村


シニアライフランキング

コメント

  1. トモ より:

    ようやく?コメントができるようになりました。折角朝顔さんからメールを頂いたというのに、、、(泣)

    理想の男性像ですか。

    私はバツイチです。20代前半で結婚し二人の子供を授かり幸せな暮らしをしていました。

    誰にでも優しく手を差し伸べると、きっと女性(妻)から見たら私にもと思われるかもしれませんね。

    今本気で好きな女性がいます。

    とても、優しく、可愛くてこの人とずっと居たいと思えます。

    それでも、現状だけなのか凄く主観的でいい意味で言えば彼女は自分で自分を嫌ってると言うけど自分を愛して大切にする人です。

    客観的な考えはそれこそ第三者や弱っていると思う、例えば子供たちにはとても優しく痛みや悲しみを知っている分、手を差し伸べるそんな彼女だと思います。

    朝顔さんのブログから外れましたね😅

    俺は1ファンとして朝顔さんのブログを楽しみにしていますので日々多忙な中返信などは良いのでこれからも頑張ってブログを続けてくださいね💐

    • 朝顔 より:

      いつも応援コメントを送ってくださってありがとうございます。
      とても励みになります。
      日々、忙しく過ぎるなかでブログを書くことにより
      生活や思いを振り返る時間を作れている気がします。

      好きな女性がおられるとのこと。
      そして大切な子供さんもいて、ちからを与えてくれる
      存在ですね。
      ささやかな内容の記事ばかりですが、毎日更新を
      頑張っていますのでよろしくお願いいたします。