命が消えるとき

子供


バイクの事故を見ました。



信号を待っていた時大きな音がして

すぐ目の前でバイクのみが先方を走っていくのを見ました。



私は車の運転をしないし事故を見たことがなかったので

思わず固まってしまいました。



周りは携帯を出して現場を撮る人が多かったです。

パトカーがすぐに来て検証が始まっていました。





いつ何が起こるか分からない世の中なのです。


気の弱い私は会社に戻り

職場の男性に運転中気をつけるように話したあと

自分の席に着き、子供たちに注意を促すラインを送りました。




怖い事故を目の前で見たこと、

巻き込まれる怖さと自分の注意の大切さと意識、

「頼むで」 (; ・`д・´)!


しっかり周りを見て注意してほしいのです。






私の命が消える前に

子供たちの命が消えるなんてそんな事はあってはなりません。



どうか私の命の灯が消えるときに

2人の子供だけは元気でいてくれますように。





順番を間違ったりしないでほしい。

母親の切なる願いなのです。



愛を気持ちだけで感じる母ではないのです。

これは身体の同化を通して愛を育んできた母の切なる願いなのです。






今日のつゆ (息子の部屋で)



今日のご飯




                              朝顔



頑張りますので、
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村


シニアライフランキング

コメント