恋愛について

雑記





今日は細々した仕事が沢山あったけれども

夕方に1時間ほど手があいたので図書館で借りた本を読みました。



小池真理子の小説です。

恋愛小説なのですがこの年になっても

憧れと思い出などがないまぜになりつつ、楽しく読んでいます。



恋愛と呼べるものは一度しか経験がなくて

あとは妄想や簡単な片思いしかない私は、本を読んで

その世界に入っていくことで疑似体験をしてきたのです。




今日もそんな青春と呼べる世界をさまよう私に


「明日でいいから見積書を作っておいてくれ」

「計算あってると思うけど」

などと机に書類を置いて去っていく社長なのでした。


「わかりました」

ときめ顔だけはうまい朝顔でした。

 (; ・`д・´)ワカリマシタ!






ゲーテは55才も年下の女性に恋をしたとか。



アンデルセンの悲恋などの作品に触れると気持ちが

きれいに透き通っていく感じがします。








今日の晩ご飯




                              朝顔





頑張りますので、
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村


シニアライフランキング

コメント