ことばひとつ

思い出




忘れられないきつかった言葉があります。




30代の頃、職場で年下の男性主任に言われたひとことを

いまだに忘れることが出来ません。



あまりの打撃に言い返すこと(理由)も出来ず

仕事を終えて家にたどり着いた途端に、我慢していた涙が

あふれて止まらなかったことがあります。



気を取り直して家事をして子供達と過ごしたものの

風呂に入りひとりになるとまた大泣き。



それは1年ほども続きました。


今でもその時の悔しさはそのまま残っています。

説明すらできなかった自分に対する不甲斐なさと共に、です。





言葉の暴力は

言った本人は多分解っていないのです。

感情のままに1分程どなってお終いなのだから。

言われた本人は何年もの間、痛みを引きずったまま生きていくのです。





もしかしたら私も

そんな言葉を今まで誰かに口にしたことがあるのかもしれません。




元夫にも身体のことで

きつい一言を言われたことがあります。


私は言い返さず黙ったままだったから

元夫も職場の男性も気付かないまま終わったのでしょう。




感情のままに言葉の暴力をしないで

相手の気持ちを考える余裕とやさしさが必要だと思います。



誰だってムカッとしたり腹が立ったり

感情が波立つときはあるけれども「一旦言葉を選ぶ」ことの

大切さを心がけたいものです。




人間って言葉ひとつでかわる本当に単純なものなのだから。







今日のご飯

なんと息子が鰯の塩焼きをおかわりしました。

(・∀・) good! 


 


                             朝顔




頑張りますので、
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村


シニアライフランキング

コメント