母になった日

息子



秋晴れの、光あふれるその日、

ひとりの男の子を産みました。



前日の日曜日の朝、急な破水で入院してから

27時間後のことでした。

10月なのでクーラーは無く、すごく汗をかきました。



10月5日 月曜日 午前11時45分


「元気なお坊ちゃんですよ、ほらっ。」

看護師さんの明るい声がひびいて、

ベッドに寝ている私の目の前に、

真っ赤なおちんちんが現れました。

「ほんとだ。」


(;・∀・) うふふ



性別を、教えない方針の病院だったので

ベビー用品は、すべて白と黄色でそろえていました。


名前は、妊娠2か月の頃に、既に決まっていました。

何故かあまり悩まず、

元夫のひとことで、すぐ決まりました。



女の子の名前が、全然決まらなかった

そのわけが、やっとわかりました。

そうか。男の子やったからやね。




大きい目が、ちょっと下がっているところ、

えくぼが出来るところ、

間違いなく私のあかちゃんだと、確信したその日。



あのときのあかちゃんと

今夜はお寿司を食べに行きます。

先日焼肉屋さんで、お祝いはしたけれども。←(1回目)

実はこれは、2回目のお祝いなのです。



勿論、明日からは節約の日々です。

マスクの上の大きなたれ目、

笑うとくっきりえくぼ、

あの頃のままです。



しっかり食べて、元気になっておくれ。

いっぱい悩んだから、きっと神様が

休憩を与えてくれたのでしょう。

いまはいっぱい食べて、眠りなさい。



お祝いのご飯(1回目)

お祝いのご飯(2回目)

                    


                               朝顔

頑張りますので、
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村


シニアライフランキング

コメント