秋の色

雑記

秋の花は風をはらみ、たおやかに揺れる

それは切なさと愛しさ、しとやかな色気を感じさせます。


コスモスは、エプロンをつけた新婚の初々しい女性のようだし

すすきは、一生懸命な強さと一途さがあり

チューインガムの匂いの金木犀は、毎年香りで秋を

伝えてくれるし、その昔の時々を懐かしく思いだします。


職場や買物への行き帰りに、ぼんやりと自分と会話を

しながら、周りの人達もみな同じなのかなと考えます。


ずっと前の心の傷口が、いまだに疼くこと

あの時の、彼の視線にドキドキしたことなど

人生の折返し地点を過ぎても、未だ悟るには早くて

ずっと自問自答して、思いをめぐらす私がいます。


今日は長袖の人が多かったな。

あまり服などない癖に 毎朝鏡の前で、一応悩んでみます。

生まれ変わったら男がいいかな、でも男も難しそうだと

初めて思いついたように笑ってみたり。


明日はあの長袖にしようかな。

                           朝顔

頑張りますので、
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村


シニアライフランキング

コメント