好きだった絵本

子供
Cinderella's slipper on a road



昔ある王国に何不自由なくくらしていた王女がいました。

ただひとつのことをのぞけば世界一しあわせなおひめさまでした。

本当の美しさとは?

中川宗弥の素晴らしい挿絵で贈る心あたたまるおとぎ話。

1968年学研より初版その後絶版になっていたものの、待望の復刊です。
(Amazon作品紹介文より引用)





子供の頃、好きだった絵本です。

「みにくいおひめさま」

絵も物語も素晴らしくて、

子供なりに衝撃を受けました。

エスメラルダというお姫さまの

成長を綴った物語なのですが、

特に女の子にはお薦めの一冊です。



きれいごとだと   

感じる人も居ると思いますが、

現実的な目にみえる事だけが全てではないのだと

あの頃の私は、幼いなりに感じました。



この年になっても

こうありたいなと思う理想の女性像があります。

しかし、中々なれそうも無いのだけれど。

少女の頃のあの感動を、ふいに思いだしました。



「ないた赤おに」

これは父が競馬に行く際、暇だろうと本屋で買ってくれた

懐かしい本です。

胸が痛くなるほどの切なさを

あの本で初めて感じた覚えがあります。



読書の秋、

本を読んで笑ったり、泣いたりも

いい時期やなと思います。





今日は一日、出かけていて

晩ご飯も久しぶりに子供たち2人と外食して

いろんな話をしました。

初めて行った焼肉屋さんで、

今日は何と、ビールを飲みました。





禁酒4か月、頑張ったもん。

「今日はいいよね。」となったのです。

ウォーキングも中止。

今日はいいよね。 (・∀・)




 まあね











                             朝顔



頑張りますので、
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村


シニアライフランキング

コメント