どんな人が好き?

雑記



「お母さんはどんな人が好き?」



以前、息子に聞かれたことがあります。

そんなこと考えたこともなくて。

でも今まで仲良くなった人や、好きな人を思い返すと

やはり合致する何かがある事に気付きました。


「うまく言えないけれどね、

一緒に居て心地いい湿り気を感じるひとかな。」

と答えました。

乾いた人とはしっくり関係を築けない気がします。

抽象的な答えなのに、息子は

「ふうん。」

真面目な顔で部屋へ去っていきました。





本当は他にもあるのです。

「胸の奥に熱いものを持っているひと」

その熱さは、日常生活では全くみえないけれど

ただ何かことが起こったとき

言葉や態度にはっきり現れるのです。

その瞬間、惚れますね。


いつも熱い体育会系の人は、暑苦しくて苦手ですが。( ˘•ω•˘ )




子供の頃、大島弓子さんの漫画が好きでした。

本の題名は忘れましたが

「9歳になれば道徳的にもう大人だからね。」

という1節があり、何故か忘れられません。



離婚について子供達に、本当のことを話したのは

その頃(8,9歳)です。

それまでは、お父さんは出張だと話してきたのです。

高校の頃からの親友が

「私なら真実を話すと思う。」と背中を押してくれたこと

も大きいです。



彼女は気が強くて涙もろく、とても熱い女性です。

普段はのんびりなのですが。

一緒に居ると、

温かいお布団のような居心地の良さを感じます。



ちなみに、我が家の子供たちはこの2点をクリアしています。

だからお母さんは君たちが好きなのかも。



一緒に居て心地いいひと、

すきなひと、

それは皆、違うものなのかも知れません。

価値観とか気持ちの伝え方とか

距離のおきかたとかが

千差万別で人間関係は難しいです。

それは永遠のテーマなのかも知れません。








 つゆはすき?

「ちょっとふざけすぎ。」(●´ω`●)



今日のご飯




                                 朝顔

頑張りますので、
応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村


シニアライフランキング

コメント